どうする?急な葬式!服装・香典Q&A

あとで読む

永代供養ビジネスについて

あわただしい葬儀が済み、故人がお墓に埋葬された後も命日などには法要を行い、供養を続けていく必要があります。
〜回忌などといった法要がそれにあたりますが、三十三回忌もしくは五十回忌を最後の法要とするのが一般的なようです。
永代供養とは、本来はそういった永きにわたり先祖を祀り供養する、といった意味の言葉ですが、最近はその永代供養自体をビジネスとして販売するといった方法が増えてきています。

近年の少子高齢化に伴い、お墓を継承する子孫などがおらず、死後の供養が期待できない人も出てきて、生前から永代供養サービスを希望する中高年の方が増えているそうです。
代表的なものとして永代供養墓というものがあります。
継承者に代わり墓地の管理者が遺骨を管理し、供養していく事が約束されている新しいタイプのお墓です。
お墓自体も色々な形式があり、予算や希望によって選択肢は幅広く用意されています。
まずは通常のお墓と同じく墓石を立てて、その中に納骨をするタイプのもの、小さな石碑などをそれぞれに建て、それをたくさん集合させて一つのお墓とする集合墓タイプのもの、個別ではなくまとめて一つの埋葬地に埋葬し、記念碑や塔を建ててそれをお墓とするものなどが代表的です。
いずれも一定期間が過ぎたら骨壺から出され、ほかの遺骨と一緒に埋葬されることになっているのが一般的です。
料金も通常の墓地を購入し埋葬するよりも安く済むことが多い為、経済的に墓地購入をためらっている人にも需要があります。
自らの死後供養をしてくれる人間がいないから永代供養を依頼する、と聞くとなんだか寂しい気持ちもしますが、子供や孫に負担をかけたくないという親心の表れなのかもしれません。
核家族化が進み、両親などと離れて暮らす子供が多い今、お墓の継承というのはとても深刻な問題です。
こういった形での解決というのも一つの方法ではないでしょうか。

Copyright (C)2017どうする?急な葬式!服装・香典Q&A.All rights reserved.