どうする?急な葬式!服装・香典Q&A

あとで読む

いろいろある納骨のスタイル

本来は遺骨を納骨堂に納めることを「納骨」と呼んでいましたが、現在では墓に納める「埋葬」の意味合いが強いようです。
納骨は四十九日などの法要に合わせて行うことが一般的となっていて、それまでに納骨のスタイルを選択しておく必要があります。
納骨には死体火(埋)葬許可申請書が必ず必要となりますので、忘れずに準備しておきましょう。

さて、先ほど納骨のスタイルを選択する、と申し上げましたが、最近では一般的とされているお墓に埋葬する方法の他にも様々な形式があることをご存知でしょうか。
通常菩提寺や一般の墓地などに埋葬する場合は、そのお寺や管理事務所に埋葬の旨を連絡し準備をしてもらいます。
仏式の場合は僧侶が読経を行い参列者が焼香をし、骨壺を埋葬します。
神式では神官による修祓、祭詞奏上があり、玉串奉奠が行われます。
キリスト教式では葬儀の当日に埋葬するのが本来のしきたりで、埋葬式は牧師や神父の祈祷、讃美歌などの合唱が行われます。
その他最近新しい埋葬の形として増えてきたのが散骨や自然葬と呼ばれるスタイルです。
散骨とは火葬した遺骨を墓地以外の場所にまくことを指します。
日本では本来墓地以外への埋葬は禁じられてきましたが、「葬送のための祭祀として節度を持って行う限り、違法ではない」という法務省の法解釈を受け、こういった新しい形の埋葬方法が可能となったのです。
散骨をする際には環境や周辺住民に配慮するなどの細かい気配りが必要となる為、専門の業者に依頼をした方が良いでしょう。
散骨には海にまく海洋葬、雑木林にまく自然葬などが主流となっています。
また近年では寺院や民間の企業が運営している納骨堂に埋葬するという形式も増えてきました。
墓地を購入するとなると高額ですし、その後の管理も心配、という人には向いているかもしれません。
ロッカー式のものや仏壇形式のものなど多種多様です。
住宅事情や核家族化、エコロジー思考など現代人のニーズに合わせた新しい納骨のスタイルは、これからも発展していく事でしょう。

話題になっている葬儀の参考になるネタは深く知るならココで情報収集しましょう

Copyright (C)2017どうする?急な葬式!服装・香典Q&A.All rights reserved.