どうする?急な葬式!服装・香典Q&A

あとで読む

いくらかかる?葬儀費用あれこれ

生前生命保険等に加入して、自分のお葬式代位は家族に残しておきたい、と思う人も多いでしょう。
では実際に葬儀を行うとして、いったいいくら掛け金をかけておいたら安心なのでしょうか。
葬儀の費用としてかかるのは葬祭業者に支払う費用と寺社、教会などに支払う費用、そして飲食費用の3つに分けられます。
全国平均では葬儀自体にかかる費用は大体100万円〜150万円程となっているようですが、これは葬儀の規模によってかなり差が出てきます。
葬儀の規模に見合った祭壇のランクや斎場の広さを無理のない範囲で決め、経済状態に見合った予算をきちんと立てておくことが重要ではないでしょうか。
弔問客がほとんどいないのに祭壇だけとても大きく立派では、逆にさみしいお葬式になってしまいます。
故人がまだ現役の会社員であったりするならば会社関係の弔問客が多く訪れるでしょうからある程度の規模を確保する必要がありますし、またそう付き合いも広くなく、なるべく近親者中心で静かに見送ってあげたいと思えば家族葬というスタイルもあります。
現在は様々なライフスタイルに対応した葬儀プランが充実していますから、なるべく故人の希望に沿った形で葬儀を開いてあげることを一番に考えましょう。

また、寺社等に支払う費用についてですが、仏式の葬儀の場合故人の家の菩提寺の僧侶が執り行うことになっており、もし遠方にあって斎場まで来ていただくことが困難な場合は相談すれば近くの同じ宗派の僧侶を紹介してくれます。
全く宗派も判らず菩提寺も特にないという場合は葬祭業者に相談すれば近くの寺院を紹介してもらう事も可能です。
葬儀を執り行ってくれた僧侶に支払う金銭を御布施といい、御布施は読経や戒名を付けてくれた事に対するお礼であり、お経料と戒名料が主なものになります。
仏教では死者は仏門に帰依し仏の弟子になったとみなされ、新しい名前である戒名を授けられます。
戒名料はその戒名のランクのようなものがあって、それにより金額が異なります。
お布施というものは本来決められた金額を支払うのではなく、あくまでも遺族が無理なく払える範囲で支払うものではありますが、そうはいっても全く相場が見当もつかなければ正直にお寺に尋ねても失礼にはあたりません。
それでもお気持ちで結構ですと言われてしまった場合は葬祭業者などに失礼のない金額はいくらくらいなのか相談してみましょう。
また僧侶にはお布施と別に「御車代」や「御膳料」を包むのが慣例になっています。
事前に送迎や食事を用意した場合にはこれらは必要ありません。

最後に飲食代金についてですが、大きくは通夜ぶるまいと精進落としにかかる費用です。
通夜は大体想定される弔問客の数の6、7割の料理を準備しておけば安心でしょう。
また精進落としに関しては参加する弔問客の数が判りやすいため準備もしやすく、内容も仕出し弁当や軽食などとなっています。
お布施や飲食代は葬儀の規模によってかかる金額はまちまちですが、全国平均では葬儀全体にかかった金額は240万円弱といったところのようです。
ここから頂いた香典の額を引いたものが実質かかる葬儀費用という事になります。

話題になっている葬儀の参考になるネタは深く知るならココで情報収集しましょう

Copyright (C)2017どうする?急な葬式!服装・香典Q&A.All rights reserved.