どうする?急な葬式!服装・香典Q&A

あとで読む

香典のマナーと相場

訃報を受け通夜や葬儀に参列する時にはお悔みの気持ちを込めて香典を持参します。
香典の表書きは宗教・宗派によって異なる為注意が必要です。
代表的なもので言えば仏式の葬儀の場合四十九日の法要が済むまでは「御霊前」や「御香料」、宗派によっては「御仏前」を使用する場合もあり、水引は黒白か相銀の結びきりのものを使用します。
神式の場合の表書きは「御霊前」や「御玉串料」とし、水引は蒼白や相銀の結びきりのものを使います。
また蓮の花のついてないものを使うといったマナーもあります。
キリスト教式の場合は「御花料」などを使いますが、水引などは不要で十字架などがついた不祝儀袋か白無地の金包みなどを使用します。
またキリスト教式でも蓮の花のついていない袋を選びましょう。
表書きは薄墨で、中に入れるお札は新札ではない方がベターと言われていますが最近ではそうこだわっていないようです。
くしゃくしゃの旧札を入れるくらいなら新札に折り目をつけて入れた方が失礼にならないかと思います。

葬儀に参列する時、一番頭を悩ますのが香典の金額ではないでしょうか。
香典の額は故人や遺族などどの関係や地方などによって大きく変わってきます。
大体自分から見た間柄が両親で6万〜10万、兄弟で3万〜5万、祖父母で1万5千〜3万、職場の上司や同僚で5千〜7千、部下で1万、友人で5千〜1万、知人で5千〜7千円などと言われています。
一般的に年代が上がるほど収入も上がりますので、香典の金額も同様に上がっていく傾向にあり、20代と60代以上では香典の平均額にもかなりの差が出ています。
また地域によっても相場額には多少の差があります。
日本全体で見てみると大体中部地方が一番高く、次に東京、北関東や中国地方、近畿地方の順となっているようです。
その他の地域では北よりも南の方がやや高めといった感じでしょうか。
ただこれもおおまかなもので、詳細に地域を分けるとその金額はばらばらです。
やはりこういった儀礼の際は土地柄や風習という色合いがかなりの影響力を持っている為、全く相場が見当もつかないという人は周囲の人に一度相談しておくと良いかもしれません。

Copyright (C)2017どうする?急な葬式!服装・香典Q&A.All rights reserved.