どうする?急な葬式!服装・香典Q&A

あとで読む

弔電のあれこれ

知人の逝去の知らせを受けたものの、通夜や葬儀に参列出来ない場合は参列出来る誰かに香典を預け代わりに届けてもらったりも出来ますが、取り急ぎお悔みの気持ちを届けたい時には弔電を打つという方法が有効です。
本来でしたら直接遺族にお悔みの言葉を伝えたい所ではありますが、先方も葬儀の準備などでとても忙しいでしょうから、間接的に気持ちだけ伝えるというのがこの場合正しいマナーでしょう。
電話会社が運営する電報システムでは、一部地域をのぞいて午後7時までに依頼を済ませれば当日中に先方に届くよう手配してくれ、急なお悔みなどの場合非常に便利です。
弔電を打つ際には喪主宛に手配します。
また、差出人は必ずフルネームで、会社関係の付き合いであれば社名も入れた方が丁寧でしょう。
宛先は葬儀が行われる斎場が判っていれば斎場宛に、判らなければ自宅宛でも構いません。
文章は定型の文例なども多数用意されてはいますが、出来るならオリジナルの文章で故人を悼む気持ちを表したいものです。
その際宗教によっては使用してはならない言葉などもありますので注意して下さい。
弔電は生花やブリザーブドフラワー付きのもの、おしばなや刺繍電報など種類もたくさんありますので、故人との間柄に合わせて適したものを選びましょう。

最近では電話会社以外の企業でも電報を取り扱っており、お線香やろうそくがセットになったもの、ふくさや水引付きのものなどバリエーションは更に豊富となっています。
しかし一番大切なのはあくまでも故人を悼む気持ちです。
直接葬儀に参加出来なかったとしても、その気持ちだけでも遺族に届くようにこういったサービスを上手に利用しましょう。

話題になっている葬儀の参考になるネタは深く知るならココで情報収集しましょう

Copyright (C)2017どうする?急な葬式!服装・香典Q&A.All rights reserved.