どうする?急な葬式!服装・香典Q&A

あとで読む

葬儀告別式の進め方

現在では通夜の翌日に葬儀告別式と続いていくのが慣例となっていますが、本来葬儀式は故人をあの世へ送るための宗教的儀式、告別式は故人を偲んで集ういわゆるお別れ会のようなもので、それぞれ違う意味合いを持っていました。
最近はこの二つを続けて行うことが多くなっています。
葬儀では祭壇に向かって右側が遺族、親族、近親者席となります。
右側の最前列中央寄りに喪主が座りその隣に遺族が、続いて縁の深い順に着席していきます。
祭壇に向かって左側が一般の弔問客の席となります。
一般参列者は席順の指定が難しいため、受付順に座って頂くことが多いようです。
通夜と同様、葬儀の際も引き続き受付を設け、通夜に参列出来なかった方に記帳をして頂きます。
では、仏式の葬儀の手順についてご紹介してみましょう。

まず僧侶が入場し、読経を始めます。
読経が終わったら司会者から弔電の紹介をし、喪主と遺族が焼香をして終了となります。
続いて告別式を行う場合はそのまま会葬者の焼香に入る流れとなります。
この焼香が告別式となる訳です。
告別式が終了したら近親者で棺を祭壇から降ろし、棺を開けて故人との最後のお別れをします。
この際「別れ花」という生花を棺に納め、同時に故人の愛用していた物や写真なども一緒に納める事もあります。
お別れが済んだら最後に棺のふたを閉め釘打ちの儀式をします。
釘打ちというのは棺のふたを閉じるときに、喪主と遺族が小石で釘をたたきふたをするというものですが、故人との別れの儀式であり且つ又「霊を封じ込める」という意味合いがある為、遺族が嫌って行わないケースも増えてきたようです。
棺は遺族、近親者、友人の男性が持ち霊柩車に運び入れます。
この後喪主または親族代表が会葬者への挨拶をし、火葬場へと向かいます。
火葬場では大体近親者のみで向かいますが、それ以外の親しい友人などが同行を希望する事も考えられます。
火葬場までの移動手段は葬祭業者にマイクロバスを手配してもらう、自家用車で向かうなど色々と方法もありますが、火葬場の駐車場の数なども限られている場合がある為あらかじめ正確な人数を把握しておき、手配しておく必要があります。
同時に火葬場でふるまう食事や飲み物の手配を済ませておくと良いでしょう。
火葬場に向かう際には申請済みの死体火(埋)葬許可申請書が必要となりますので、忘れずに持参しましょう。

話題になっている葬儀の参考になるネタは深く知るならココで情報収集しましょう

Copyright (C)2017どうする?急な葬式!服装・香典Q&A.All rights reserved.