どうする?急な葬式!服装・香典Q&A

あとで読む

葬祭業者の選び方

個人で通夜や葬儀告別式の準備を始める時、全て自分で手配するという事も可能ではありますが物理的にもかかる手間は甚大で、やはり何かしらの葬祭業者に依頼するというのが一般的です。
葬儀を取り扱う業者自体も数多くありますが、葬儀専門業者は大規模なチェーン展開をしている会社から地元に根付いた中小規模の会社まで様々です。
大規模な業者はやはり葬儀を専門に取り扱っている訳ですから宗派、スタイルなどもかなり柔軟に対応できますし、駅から近い所や駐車場が大きい斎場を持っているなどの利点があります。
地元密着の業者も地域の事情などに詳しく、地方ならではのしきたりなどが厳しい地域での葬儀などの際はとても頼りになります。
また、生前契約で積立金を納め自分が亡くなった時に葬儀費用に充てられるような団体に故人が加入している場合もありますので、確認しておくとよいでしょう。
その他組合関係の福利厚生などで葬儀を取り扱っている場合や、最近ではホテルやレストランで行う場合もあります。
状況に応じて業者を選択する事が出来ますが、実際に葬儀の準備をする時にはゆっくりとリサーチをしている時間はない事が大半ですから、何かの団体に加入しているかどうかなどは事前に把握しておいた方が良いかもしれません。

業者に依頼をしたら、実際の葬儀プランについて担当者との打ち合わせをします。
基本的には喪主が遺族側の窓口になるかと思いますが、とかく親しい方が亡くなって平常心を失っている中で細かいことを決めていかなければならない打ち合わせとなり、金銭的な事などで後から「言った」「言わない」のトラブルに発展する事も多々あります。
出来れば複数の親族が集まって内容を詰めていった方がベターです。
また、決定事項も多岐に亘りますし、葬儀の運営中には様々な事が起こり、全てを頭に入れておくことは困難です。
何か葬儀用のノートのようなものを作り、その都度記録していった方が安心でしょう。
葬祭業者に運営を依頼する場合、大体いくつかの価格帯のセット料金を提案される事が多く、セットに含まれないものを頼むとどんどん追加料金が発生してしまいます。
まずは業者との打ち合わせの前に、親族などでこの葬儀にかける費用はいくらまで、と決定した上で打ち合わせに臨むとよいでしょう。
その上で可能であれば2つくらいの業者から相見積もりをもらい、比較検討すると判りやすいかと思います。

Copyright (C)2017どうする?急な葬式!服装・香典Q&A.All rights reserved.