どうする?急な葬式!服装・香典Q&A

あとで読む

東京のお墓事情

多くの企業が東京に集中し、不景気の今でさえ東京の地価は全国的に見ても格段に高額なのは言うまでもありません。
且つ又墓地として新しく土地を開発するのは地域住民との折り合いなどの面からも難しく、墓地不足は深刻なものとなっています。
葬儀が終わっても埋葬する場所がなければ困ってしまいます。
だからこそ永代供養墓などの需要は更に増し、都心ではビルの中に施設を作り、すべてコンピュータ制御、カードをかざすと黒御影墓石が自動的に表れ、墓碑のかたわらにはモニターが設置されていて遺影や生前の声が聞けたりする、などという最新式のものまで登場しています。
都心においてこのような納骨堂のサービスというのはもう一般的なものになってきているのかもしれません。
それだけ都心の墓地は競争率も価格も高いという事ですね。
そして少子化の影響により一人っ子同士の結婚が増え、一方の家のお墓の継承が難しくなるケースの場合、新たに宗派などを問わない墓地を郊外に購入して、両家の墓を合葬するといった両家墓も増加しています。
これも現代ならではの新しいお墓のスタイルといえるでしょう。
また、地方出身者が、出身地の菩提寺にある先祖代々のお墓を引き払い、上記のような納骨堂システムの墓地に改葬するといった事も増えているようです。
出身地にすでに両親もおらず、お墓だけ残っているような場合にはなかなか墓参りの為だけに帰省する事も出来ず、かといってほったらかしたままでは気になる・・といった様な理由から、生きている人間のみならずお墓まで一都集中といった現象が起きている訳ですね。
いずれにせよこのままではお墓難民なんて言葉まで登場してしまいそうな東京のお墓事情、これからは柔軟な頭を持って自分が安心して永眠出来る場所を探さなければならないようです。

話題になっている葬儀の参考になるネタは深く知るならココで情報収集しましょう

Copyright (C)2017どうする?急な葬式!服装・香典Q&A.All rights reserved.